自分に落ち度はなくても追突され、車に損傷が生じた場合、

自分に落ち度はなくても追突され、車に損傷が生じた場合、当時は大丈夫でも下取りや中古車買取を依頼する際、事故車ですからそうでない車とは比べ物にならないほど低い査定額になってしまう場合があります。
原因となった事故の相手にこの損失について補償を求めるとなると、過去の判例を見ても解釈がいろいろで、可能とも不可能とも言いがたいです。

Read More


なるべく丁寧に乗車していても付いてしまう幾分かのキズ

なるべく丁寧に乗車していても付いてしまう幾分かのキズや微細なヘコみなどは、マイナス査定にならないケースがほとんどですから、さほど神経質に気にする必要はないでしょう。それとは逆に、触ったときに引っ掛かる程度の傷や充分に分かる程度のへこみ、また塗装がはげていたりしては減額になりますが、査定時に減点されるのが回避するために自分で直しても個人でまかなった費用以上に査定金額がアップされることはないので注意しましょう。

Read More